●プライバシーを考慮しながら、開放感を感じられるオープンな『おうち探し』スポット

メニュー店舗のリフォーム
施工費1100万円
工期約1ヶ月
エリア茨木市
使用材料【床】フロアストーンタイル グレー /【壁】ボーダータイル /【柱】ニッタイ マジカルストーンタイル /【造作壁面収納】メラミン化粧板・ポリ合板 /【ミニキッチン】ワンルーマー レッド /【カウンター チェア】パブリック株式会社 CRES ファルスAW /【応接スペース チェア】パブリック株式会社 CRES ロレスWC
構成当社 三島コーポレーション アパマンショップ阪急茨木店 スタッフ7名
担当者からのひとこと

当社 アパマンショップ阪急茨木店 移転工事です。三島のリフォーム『M’s Plus』が既存スケルトンから 企画・設計・施工管理 を行いました。

オープンな事務所スペースには大容量壁面収納を造作。書類や備品もしっかり収納!接客カウンターは隣の方との距離感がどうしても気になってしまうモノ。その問題を改善する為、『半透明パーテーション』で区切る事により、パーソナルスペースを確保。

お客様をやさしく出迎えられる様にプランニングしました。

店内【イメージパース】

ベースカラーをホワイトに、グレーをアクセントに。モノトーンでシックな空間に、オレンジ色のチェアでコーデ。

店内【完成】

入口は『三島コーポレーション・『アパマンショップ』のロゴでお出迎え。ボーダータイルはダークグレーをチョイス。建具類も同系色で統一。

大きな柱はレンガ調のタイルで包んで店内のアクセントとして活用。カフェテイストな空間を演出しました。

応接スペース

目隠し効果とデザイン性を兼ねた化粧柱で区切りました。壁を設置せず、開放感とプライバシーを両立した空間を演出。

レストルーム

男女を問わず落ち着く空間をイメージ。脱臭効果に優れたエコカラットで快適でモダンな空間を演出。造作した手洗い付カウンターは収納付き。利便性&清潔感を演出しました。