リフォーム

エクステリアのリフォーム

ちょっと聞き慣れない言葉かもしれませんが「門扉・塀・ガレージ・カーポート・テラス」等家の外回りの様々な場所・設備を総称したモノです。ここでは、「エクステリア」リフォームのノウハウと事例を中心に、役に立つ情報をまとめてみました。ぜひご活用ください。

エクステリアのリフォームのポイント 戸建て対応

住宅や建物の内装を「インテリア」というのに対して、「エクステリア」とは外構や庭をはじめ、屋外の工作物を含めた建物の外観全体を指す言葉として使われています。本来は「外部、外面、外側」という意味の英語で、以前は門扉や塀を示していましたが、現代では外部空間の総称と考えていいでしょう。

新築やリフォームの際は間取りやインテリアに気を取られがちで、エクステリアの計画が後回しになる傾向があるようです。しかし、住まいは建物・インテリア・エクステリアの3つが調和することで理想的な安らぎの場となるものです。家族の憩いの場としてだけではなく、街並みとの一体感や、最近ではエコロジー的な観点からもエクステリアを考える必要があります。

エクステリアを構成する主な「要素」

エクステリアを構成するモノとして「門扉・フェンス・アプローチ、カーポート/ガレージ・ウッドデッキ・テラス/サンルーム」があげられます。

  • 門扉・フェンス

    エクステリアの象徴といってもいいでしょう。まず防犯性が最優先項目ですが、美観も大切なポイントです。素材もさまざまです。

  • アプローチ

    ただの通路として考えるのではなく、歩きやすさ以外に、美しさや楽しさを考慮することによって豊かな空間に変わります。

  • カーポート・ガレージ

    自動車の出し入れのしやすさ・安全性・道路の状況を踏まえてプランニングを変えましょう。

  • ウッドデッキ

    人気の高いウッドデッキ。毎日の生活に潤いをもたらしてくれます。デザインと耐久性がポイントとなります。

  • テラス・サンルーム

    リビングの延長や、ガーデンスペースとして使われるスペース。物干しやごみ収集箱、物置などを設置するスペースも必要になります。しっかりとプランニングすることが大切です。

門扉・フェンス「設置・工事のポイント」

門廻り2住まいの第一印象は「門扉・フェンス」が決定するといってもいいほどです。 新築やリフォームの際は、門扉・フェンスを同時にプランニングすることが大切です。   現在はデザインや素材もバリエーション豊富に用意されています。 周りのフェンス、そして建物とのコーディネートをまず考えましょう。 また、色の統一感も必要です。玄関や窓に合わせるのが一般的といえるでしょう。           ●門扉の「設置・工事のポイント」 「門扉」周りは適度な空間が必要です。道路のすれすれに設置するような門扉だと 「住まいの印象が悪くなる」ばかりでなく「交通事故」になる危険を伴うケースもあります。 最低でも玄関まで1〜1.5mの余裕は見ておきましょう。


  ●フェンス工事の「設置・工事のポイント」 「フェンス」は景観や防犯面、そしてプライバシーの確保も十分考慮して選択しましょう。 あとはフェンス工事の際「建材が多く必要」となります。工夫すると予算を押さえることができます。


  ●門扉素材の種類 ・アルミ形材 門扉やフェンスの素材として多く使われています。軽量で安価なことから普及しています。 ・アルミ鋳物 アルミ鋳物はアルミ形材より重厚感があり、デザイン性のある曲線を作り出すことができます。価格は高めになります。 ・木製 価格は高めですがその素材感は魅力です。天然木は耐久性に問題がありますが、最近は防腐処理を施して色褪せや腐れがほとんどなくなりました。 ・アイアン 繊細なデザインと重厚感あふれる質感が持ち味。


  ●フェンスの種類 大きく分けて下図のように「フェンス・生垣・塀」の「3種類・その組み合わせ」があります。 塀は完全に目隠しするとプライバシーが保てますが、防犯上は逆効果になる場合が多いようです。 ●目隠しフェンス ●生垣 ●ハードウォール ●ブロック積+フェンス ●ウォールとフェンスの組み合わせ

アプローチの「設置・工事のポイント」

外観メイン玄関までの道である「アプローチ」は 門扉と玄関をできるだけ対面させないのがポイントです。 スペースが取れなくても角度を変えることによって ゆったりとした雰囲気を演出することができます。   夜でも歩けるようにしておく必要がありますので 玄関アプローチのスタイルにあわせて「照明の位置」も変えてみましょう。       ●アプローチの「設置・工事のポイント」 門扉との出入りのしやすさと同時に防犯面、プライバシー面でも配慮が必要です。なお、下のような「アプローチのタイプ」が有ります。 ・正面入り:一般的なタイプです。 ・直角入り:駐車スペースからのアプローチなどに応用できます。 ・正面入りオープン:ゆるやかなアールを描くアプローチは、視界にもやさしい変化を感じさせます。 ・斜め入り(1):アプローチに方向性を与え、視界に変化をもたらします。 ・斜め入り(2):大らかなアプローチ空間を演出できます。   「アプローチの床材」の選択は美しさとともに雨で濡れた時の滑りにくさを基準として選択しましょう。 ・平板(コンクリート等) ・自然石 ・レンガ ・タイル ・インターロッキング


  ●アプローチ照明の「設置・工事のポイント」 玄関アプローチは、夜でも歩きやすくしておく必要があります。そこでスタイルにあわせて「照明」位置を変えるとよいです。 ・植栽のあるアプローチ 足元のあかりと植栽のライトアップを兼ねて、植栽の中にライトを設置。 ・フロントガーデンに高い木があるアプローチ 樹木をライトアップすると、歩く人を誘導する効果を高めることができます。また足元には、低めのライトを設置します。 ・高い塀で囲まれたアプローチ 塀の上方部分に埋め込み型の照明を設置し、全体を明るくするようにします。

カーポート・ガレージ「設置・工事のポイント」

カーポート ●「カーポート」はアルミ製の柱に屋根を取り付けた構造をしています。 サイズは現在使用している車のサイズや台数に合わせて選びますが できれば環境・将来のことも考えるべきです。 ライフスタイルに応じたカーポート選びをしておきましょう。   ●カーポートに比べ「ガレージ」は「防犯性・耐候性」に優れます。 ただしスペースを「カーポート」より多く取るので、プランニングが非常に大切になってきます。「使い勝手・デザイン・防犯性」を考えて選択しましょう。       ■ガレージ・カーポート「設置・工事のポイント」 「車の条件(幅・長さ・高さ)」「敷地の条件(高低差・設置場所・道路の状況等)」「設備条件(水道、照明、収納など)」3点を十分に把握してプランニングを行いましょう。 後は「建ぺい率」にご注意下さい。屋根のある駐車場にすると「建築物扱い」となり「建築申請」しなければなりません。ここで「建ぺい率に余裕がない」と造ることができなくなります。


  ●駐車スペースの基本寸法 サイズによってスペースも変わって来ます。間口は「車の幅+100cm」奥行は「車の長さ+70cm」が目安となります。 ○車種別寸法[全長×全幅(mm)] 小型車:4,500×1,680以内 中型車:4,800×1,700以内 大型車:5,000×1,820以内


●カーポート素材の種類 ・アクリル樹脂 強度があり比較的安価です。耐候性や加工性に優れているので広く普及しております。 ・ポリカーボネート 最も衝撃に強い素材です。紫外線をほぼ100%カットするので車の塗装を守るには効果的です。 ・スチール折板 頑丈で、強風が吹く地域でも構造的に安心感があります。


  ●ガレージシャッターの種類 ●アコーディオンタイプ 伸縮式で様々な場所に取付可能です。間口サイズも豊富で、選びやすいタイプです。 ●シャッタータイプ 防犯性に優れています。門扉や外壁のデザインも考慮して決めることが大切です。 ●引き戸 ゲートを開放したときの収納スペースが必要になるのでプランニング時によく検討することが大切なポイントです。 ●跳ね上げ 「跳ね上げ」タイプは、ゲートを上方へ跳ね上げて開閉します。収納スペースが必要なく最近人気です。

ウッドデッキ「設置・工事のポイント」

ウッドデッキ季節の風を肌で感じながら、家族の笑顔、楽しい会話を届けてくれ 開放感あふれるスペースです。   どのように使うのかを考え、しっかりとしたプランニングをが大切です。               ●ウッドデッキ「設置・工事のポイント」 プランニングがとても大切になります。間取りや建物の外観とのコーディネートが欠かせません。 ショールームやモデルハウスで実物を確認したり、当社へご相談していただければお客様に最適のプランニングを行います。 耐用年数に大きく関わるのはメンテナンスです。 素材にあわせたお手入れ、まめな塗り替えを行うようにしましょう。メンテナンスはしっかりと。

テラス・サンルーム「設置・工事のポイント」

サンルーム●「テラス」は「室内と屋外」の中間的なスペースです。 みんなの憩いの空間となりますのでこだわりを考えてプランニングしましょう。   ●「サンルーム」は屋根や壁をガラス張りにして日光をたっぷり取り入れるようにした部屋です。 使い方のスタイルは多種多様です。洗濯物を干すスペースとしても活用できますが 全面が覆われているため花粉症対策にもなります。         ●テラス「設置・工事のポイント」 テラスに屋根をつけることは一般的で、つけることで「洗濯干しのスペース」「雨の日での作業」に便利です。 色は、基本的にサッシの色に合わせてコーディネートしましょう。 インテリアのデザインや材質と統一感を持たせたり、床との段差をフラットにすると一体感が増します。


  ●サンルーム「設置・工事のポイント」 「暑さ」の場合はリビングルームとつながっていれば冷房が効きくので問題ありませんが、 ルーフブラインドや熱遮断フィルムを併用すればさらに快適です。 「結露対策」の場合は「ペアガラス」があります。屋外の寒い空気を遮断することで結露を防止します。 また防音対策としても有効です。  

エクステリアのリフォームの施工事例その他の施工事例を見る

エクステリアのリフォームの流れ

当社ではお客様のご希望を踏まえた上で、最適なプランを提案させていただいております。より正確で満足度の高いプランとお見積もりから施工後のアフターフォローをさせていただくため、下の流れでリフォーム工事をさせていただいております。

ご相談 現地調査 見積・提案ご契約 リフォーム工事 アフターフォロー お電話やWebフォームで、現在のお住いの問題点や、ご希望とされている住ま ご提案のリフォームプラン ご納得いただいたリフォ 末長くご利用いただくため

エクステリアのリフォームについて相談する

住まいについて、リフォームについてのこだわりやご予算、お悩みや心配事など、なんでもお電話やWebフォームからご相談ください。当社のリフォームアドバイザーがお客様のご要望をお伺いした上で、最適なご提案をさせていただきます。
しつこい営業などは行っておりませんので安心してご連絡ください。

page top